副作用の少ない免疫細胞療法とは一体何か

女医

笑うことががん予防になる?

笑いは脳に影響する行動として研究結果が発表されています。ストレスの軽減と免疫細胞であるナチュラルキラー細胞の活性化に関係しているのでがん自体の予防にも効果的なのです。笑う門には福来たるとはまさにこのことですね。

抗がん剤以外のがん治療

免疫細胞療法の仕組みについて

免疫細胞療法とはがん治療の一つで施されている治療になります。患者の免疫細胞を採血で摂取し、その血液からがん細胞を標的にするマクロファージなどの免疫細胞を培養したり加工して治療に使うといった内容になっています。この治療では従来の抗がん剤治療に比べ大幅に副作用の効果を軽減しているので使用する患者の負担を減らすことが出来ます。

免疫細胞を使うことのメリット

自分自身の免疫細胞を使用した治療になるのでアレルギー反応が少なく、がん細胞自体が抵抗を持つこともないです。抗がん剤の場合は使用期間が長ければ長いほど薬に対しての免疫をがん細胞自体が身につけてしまうのですが自分の免疫細胞に対してはそのようなこともないので効果的な治療と言えます。副作用もないので生活の質を落とさずに治療に専念できる画期的な治療なのです。

免疫細胞療法のデメリットとは

一度採血から取り出した血液から免疫細胞を増殖させるまでに時間が掛かってしまうことがあります。がん細胞の増殖スピードを考慮して治療を行わなければならないので効率を考えるとあまり良くないと言えます。また費用も高額になってしまうのが免疫細胞療法のデメリットと言えます。しかし、進行の遅いがんや初期段階のがんに対しては副作用もないので比較的負担の軽い治療となります。

普段から免疫を高めることの重要性

免疫細胞はがんの治療に使われるほど重要な役割を担っています。さらに元々人体に存在している細胞なのでしっかりと免疫力を高めていけばがんになる確率を少なくすることも出来るでしょう。免疫力を高めるために効果的なプロポリスなどの健康食品を使用することで効率よく免疫の向上が行えます。天然素材が使用されているので体にも影響が少ないのでオススメ出来る健康食品と言えます。

広告募集中